MESSAGE

「縁を大事にできる会社にしたい」。創業当初からの想いは今も変わっていません。

1994年9月に私も含め、僅か3人の個人会社から創業した当社でしたが、「会社をもっと大きくしたい、そして社員たちが安心して定年まで働ける会社にしたい」と強く思い、2006年12月に現在の株式会社近畿住宅流通を設立。その後順調に業績が伸び、増収増益を続けて、おかげさまで現在では分社化をして、グループで7法人、約100人の社員が在籍しております。
不動産部門ではセンチュリー21グループの中、受取報酬額が近畿圏300店舗中第1位、全国874店舗中第2位、グループ企業では全国第4位の表彰を受けるまでの会社に育ちました。しかし私たちの夢はまだまだ続きます。近畿圏ではなく全国でNo.1の店舗、そしてグループ企業でも全国No.1を必ず勝ち取ると。
私は「縁」を大事にしたいと思っています。お客様にとって住宅は一生で一番高価な買い物となります。そしてご家族にとってはお子さんを育て、家族の愛情を深める場所でもあります。その住宅を決める際に当社を選んでいただいた感謝を忘れずに、お客様との「縁」を大事にしたい。お客様にとってのホームドクターとして、買う時、売る時、借りる時、貸す時、建てる時、リフォームする時に、ワンストップでお応えできる企業であり続けたい。そう考えています。
そして私にとって社員とは、同じ志を持った、夢を叶えるための同志と思っています。その「縁」を大事にして、当社で働くことによって物心両面の幸福を追求してもらいたい。お客様にとっての理想の家へたどり着くお手伝いをさせて頂き「ありがとう」と言っていただける仕事、そしてたとえ20代であってもマイカーやマイホームを持てる、頑張ったら頑張っただけ評価される評価制度、不動産業を極める為の研修やセミナー、スキルアップの為の資格取得支援制度、プロの社会人として人間力を高める為の勉強会や、将来の幹部や役員、グループ会社社長を目指される方の為の経営者育成勉強会など、成長する為の最高のフィールドが当社にはあります。
一緒に働く「縁」を大事にして、全国トップクラスの不動産のプロフェショナル集団として是非私たちの会社と一緒に成長していきましょう。

  • 近畿住宅流通はこんな会社
  • 会社概要・表彰
  • 将来のビジョン
  • 数字で知る
  • 遊びも全力